2011年4月30日土曜日

Dying Swan

   
Dying Swanは1905年にミハイル・フォーキンなる人がアンナ・パブロワの為に振付けたという。その映像はとてつもなく美しくて大好きだったんだけど、マヤ・プリセツカヤによるDying Swanの美しさは全くいったいどうなってるんだろう!実際の白鳥からのモンタージュはなんだか1920年代みたいだ。白と黒のバレエの世界は本当にヤバイな。埋め込み出来ないのだが、こっちも美しい!             






                 

0 件のコメント:

コメントを投稿