2011年4月25日月曜日

Julian Lynch





ほとんどのインディーに興味が持てなくなっている中でこの人の存在は特別。
Julain Lynchの新しいやつのストリームが始まったわけですけど、もはや奇想の系譜じゃないでしょうか。尋常じゃないオリエンタリズムですね。さすがにSmithsonian Folkwaysで働いていたっていう経歴も頷ける。彼の掌で瞑想してますね、私は。本当に本気で好き。正座しながら聴いてますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿