2011年4月17日日曜日

Paul Klee Orientalism


パウル・クレーの色調は音階で出来ている!
なんてパウル・クレーの理論は私のようなバカには分かるはずもなく、図書館に行く度になんか借りて読んでみては全く分からず断念するわけなんですけど、それにしてもパウル・クレー的なオリエンタリズムが目に付くなという気が。



Max BillもPaul Kleeもbauhausの講師だけど、bauhausなんか良く知らないバウハウスって言えばダニエル・アッシュのほうに決まってる。ダニエル・アッシュって言えばバウハウスよりTones on Tailが好きで、Tones on TailのB面の良さってばもう!Kevin Haskinsのドラムがヤバ過ぎる。Kevin Haskinsって言えば、もちろん当然Diva Dompeの親父なんですけど、もちろんってことも無いんですけど、そのDivaのソロもやっぱり良すぎるドローンなわけで。そういえば、DivaがやってたblackblackのCureのカバーは大好きだったなー。ケビン・ハスキンスの娘がCureのカバーするとはね。どんな気持ちだろう、親父は。
話し逸れすぎてるな・・・。Paul Kleeが今を生きてたら一体何を聴いてるだろう。





0 件のコメント:

コメントを投稿